矯正治療例

※結果については個人差があります。

永久歯列の矯正治療例

らんぐい歯とも呼ばれ、歯並びが凸凹の状態をいいます。

叢生・八重歯​

出っ歯・口ゴボ

一般的に出っ歯と呼ばれ、上の前歯が下の前歯に対し過度に前方にある状態をいいます。

出っ歯・口ゴボ​

受け口・反対咬合

歯科では反対咬合と呼ばれ、上の前歯よりも下の前歯が前方にある状態をいいます。

受け口・反対咬合

すきっ歯

隙間がある状態は、見た目の問題だけでなく発音にも影響がでることがあります。

すきっ歯

開咬

奥歯だけが噛み合っていて、前歯が噛み合わない状態。薄いものを前歯で噛みちぎることができません。

開咬

過蓋咬合

奥歯を咬むと上の前歯が下の前歯を覆い、下の前歯が見えない状態の噛み合わせです。

過蓋咬合

歯が無い(埋伏・欠損)

歯が足りない「先天性欠損」や歯が生えてこない「埋伏」の治療例を紹介しています。

歯が無い(埋伏・欠損)

難症例

一部の歯を残すことが難しいケースや大きく歯を移動させるような難症例をご紹介します。

難症例

子どもの治療例

永久歯が生えそろうまでにおこなう「一期治療」のケースです。

上顎前突 反対咬合 予防的治療(床矯正)​