過蓋咬合

下の歯が見えないほど噛み合わせが深い状態。顎の関節に負担がかかりやすく、顎関節症になりやすい噛み合わせです。

治療例1 *結果には個人差があります。

初診時

過蓋咬合治療例1(治療前正面)
噛み合わせが深い状態
過蓋咬合治療例1(治療前側方)
過蓋咬合治療例1(治療前上顎咬合面)
犬歯が重なりガタガタ
過蓋咬合治療例1(治療前下顎咬合面)

治療後

過蓋咬合治療例1(治療後正面)
噛み合わせが改善
過蓋咬合治療例1(治療後側方)
過蓋咬合治療例1(治療後上顎咬合面)
前歯も綺麗に改善
過蓋咬合治療例1(治療後下顎咬合面)

症例情報

  • 主訴:前歯の噛み合わせが深い
  • 診断名:上下顎叢生と伴う過蓋咬合、上顎両側下顎第二小臼歯歯胚位置異常、上顎前突傾向
  • 年齢:12歳
  • 使用装置:ヘッドギア、拡大床、マルチブラケット装置
  • 抜歯部位:なし
  • 治療期間:4年3ヶ月
  • 費用:¥969,100(税込)
  • リスク副作用:過蓋咬合の理想的な改善は困難。下顎両側第二大臼歯歯肉弁切除の可能性があります。