難症例

難症例1 *結果には個人差があります。

保存が困難な第一大臼歯(前から6番目の奥歯)を抜歯し、その箇所に第二大臼歯(前から7番目の奥歯)と親知らずを引っ張り、活用した治療例です。

初診時

難症例 正面 治療前
歯が重なってガタガタしています
難症例 右側 治療前
難症例 左側 治療前
下の奥歯の抜歯が必要

治療後

難症例 正面 治療後
全体的な歯並びが改善
難症例 右側 治療後
難症例 左側 治療前
抜歯部位に歯を牽引
難症例 下顎 治療前

治療前

難症例 レントゲン パノラマ 治療前
抜歯する歯(×)に★と●の歯を前方に移動させます

治療後

難症例 レントゲン パノラマ 治療後
綺麗に並びました

症例情報

  • 主訴:上下の歯のでこぼこ
  • 診断名:上下顎前歯の唇側傾斜 下顎左側6番内部吸収 を伴う上下顎叢生症
  • 年齢:12歳
  • 使用装置:マルチブラケット装置、顎間ゴム
  • 抜歯部位:上顎両側4番、下顎右側4番、下顎左側6番抜歯
  • 治療期間: 2年6ヶ月
  • 費用:¥829,500 (税込)
  • リスク副作用:下顎6番抜歯の為、奥歯のかみ合わせは理想的にできません。 顎間ゴムの使用が不足すると、期間の延長や上下の正中が一致できません。 舌癖があると後戻りしやすいことがあります。