永久歯列の矯正

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

今さら・・・と歯列矯正を諦めてしまう方は少なくありません。

私たちにお任せください

私たちにお任せください

当院では、あらゆる患者様のご希望にお応えできるよう、技術研鑽を積み、さまざまな治療方法に対応しております。

患者様のご要望をじっくりと伺い、歯並びや噛み合わせの状態に合わせてベストなご提案をいたします。

歯並びが気になるけど、始められないとお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

歯列矯正の不安やお悩みはご相談下さい

大人の矯正は何歳まで?

大人の矯正は何歳まで?

子どもの頃から矯正をしないと手遅れなのでは・・・と思っていませんか?

大人であっても手遅れではなく、歯もしっかり動きます。基本的には、歯を支える骨(歯槽骨)に大きな問題がない限り、年齢制限はありません

実際に、多くの40代や50代の患者様にご来院いただいております、「歯並びを治したい!」と思われた時にご相談下さい。

矯正治療の開始時期

矯正治療の開始時期

重度の虫歯や歯周病にかかっている一部の患者様は、矯正前に治療が必要です。

しかし、基本的には患者様が治したいと思ったときが良い時期だと考えております。

気になる治療期間は?

気になる治療期間は?

個人差はありますが、

治療期間は約1年半〜2年半です。

矯正器具がついている期間、初めは長いと感じるでしょう。しかし、歯列矯正によって快適な生活が叶う為、治療後にはきっと満足感を抱いていただけると思います。

目立たない矯正方法をご希望の方へ

マウスピース型矯正装置

「周囲に気付かれたくない」
「矯正したいけど見た目が気になる・・・」

歯並びを治したいとお考えでも、このような事が気になり諦めてしまう方も。見た目が気になる方にお勧めしているのが、目立たない透明のマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した矯正方法です。

目立たないだけでなく、取り外せるため衛生的。より快適に歯列矯正をおこなうことができます。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

部分矯正で気になる歯並びを改善

部分矯正で気になる歯並びを改善

ちょっと気になっているだけなので全体的に矯正装置を付ける勇気がない・・・という患者様は多くいらっしゃいます。

部分的な歯並びの改善であれば、「部分矯正」で改善できる可能性があります。お気軽にご相談ください。

治療の流れ

1.初診相談

1.初診相談
患者様のご希望をうかがいます

■ 問診票記入
歯や歯並びを中心にお体の状態についてもご記入いただきます。
(あらかじめ郵送にて送付させていただくこともあります)

■ 問診
歯並びのどこが気になるか、どのようにしたいのか、治療にあたって不安に思うことなどをお聞きいたします。

お体の状態についても、矯正治療をおこなうにあたって必要な事項を伺います。

■ お口の診断・ご説明
歯並びの状態を確認後、現状で考えられる治療法や使用する可能性のある矯正装置についてご説明いたします。

( 矯正治療はお顔の骨のバランスと筋肉の調和を考えて治療をおこなうため、 検査後にご説明内容を変更をする場合があります)

■ 費用・お支払いについてご説明
矯正治療にかかる費用についてご説明をいたします(最終提示は検査後、治療方針が決定する診断時になります)。

もちろん、分割のお支払いも可能です(金利なし)。
動的治療期間内にお支払いただければ 最大10回迄の分割にも対応しております。

疑問や質問はお気軽にご相談ください。くわしい診療方針をお知りになりたい方は続けて検査をおこないます。

*予約状況によっては、当日おこなえない場合もございます。初診時に検査を希望される場合は、その旨をお電話でお伝えいただけますと幸いです。

2.検査 (30分~50分)

2.検査 (30分~50分)
ていねいに検査いたします

検査を相談日と同時に希望される方は、相談予約時にお伝えください。

■ レントゲン検査
頭の全体・骨格、歯とあごの骨の全体を確認するためのレントゲンを撮影

■ 写真撮影
お顔や口元、お口の中の写真撮影

■ 歯型とり・噛み合わせとり
上下の歯型とりと噛み合わせをとり、歯並び・噛み合わせを確認

■ 診察
舌や歯茎、お顔の筋肉、呼吸、顎関節などを診察

3.矯正前の準備

3.矯正前の準備

■ ご契約・準備
契約書の内容にご理解・同意していただけましたら、矯正治療のスタートです。 使用する装置の種類によっては、装置を作るための歯型とりをおこないます。

* 虫歯治療や抜歯をおこなう予定がある場合は、緊急の場合を除いて当クリニックの担当医に相談の上、おこなってください。矯正治療の方針に適した治療時期をご案内いたします。

4.矯正治療スタート

4.矯正治療スタート

■ 矯正治療開始
いよいよ矯正装置を使用して、矯正治療が始まります。装置の取り扱いの方法、歯磨きの仕方をご説明いたします。

通院間隔は3週間~6週間くらいに1回です。(装置の種類によっては、初めの数回のみ1~2週間に1回ご来院いただく場合があります)

5.矯正終了・保定

5.矯正終了・保定

■ 保定期間
矯正装置を使用して、動かした歯をおさえる段階です。歯を安定させる「保定装置」を使用していただきます。

* 個人差はありますが、通常1年間はしっかりご使用いただくことをおすすめしております。

記事監修者:長津田矯正歯科 山本 知寿

平成6年東京歯科大学卒業。

矯正専門歯科医院、大学病院矯正科を経て平成17年長津田矯正歯科クリニック開院。