受け口・反対咬合

下の歯が上の歯よりも前に出ている状態で、一般的には「受け口」、歯科では「反対咬合」と呼ばれます。

治療例1 *結果には個人差があります。

初診時

受け口・反対咬合治療例1(治療前正面)
受け口・反対咬合治療例1(治療前側方)
噛み合わせが反対
受け口・反対咬合治療例1(治療前上顎咬合面)
軽度の歯並びの乱れ
受け口・反対咬合治療例1(治療前下顎咬合面)

治療後

受け口・反対咬合治療例1(治療後正面)
受け口・反対咬合治療例1(治療後側方)
噛み合わせが改善
受け口・反対咬合治療例1(治療後上顎咬合面)
前歯の乱れも改善
受け口・反対咬合治療例1(治療後下顎咬合面)

症例情報

  • 主訴:下の歯が出ている
  • 診断名:反対咬合
  • 年齢:30歳
  • 使用装置:リンガルアーチ、上あごのみマルチブラット装置
  • 抜歯部位:非抜歯
  • 治療期間:11ヶ月
  • 費用:¥388,300(税込)
  • リスク副作用:前歯の噛み合わせ改善に伴い、噛む位置が変化し、一時的に噛みにくくなることが稀にあります。