治療方法でお悩みの方に

治療方法でお悩みの方へ(装置の違い)

装置にはそれぞれ特徴があります。マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は見た目が目立たないと評価されており、また費用も当院においては一般的なワイヤー矯正と同じくらいの料金で対応しております。

マウスピース矯正装置の中でもマウスピース型矯正歯科装置(アソアライナー)は費用的には抑えられますが、仕上がりに差が出ます。

またワイヤー矯正はどのような歯並びにも対応出来るため、適応範囲が広いことが特徴です。

治療方法でお悩みの方へ(装置の違い)

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)透明で目立たないマウスピースを装着して歯を移動させる治療方法です。取り外しができるため、食事や歯磨きなどは普段通り。装置の装着時間が短い場合には、計画通りに治療が進まないため、患者さまの協力が必要です。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正歯科装置(アソアライナー)

マウスピース型矯正歯科装置(アソアライナー)マウスピース型矯正装置(インビザライン)と同様に、透明で目立たないマウスピースを使用する治療方法です。治療の進行段階に合わせて、装置の硬さを変更しながら、少しずつ歯を移動させます。一定期間ごとに、歯型とりが必要になります。

ワイヤー矯正(マルチブラケット装置)

ワイヤー矯正(マルチブラケット装置)​歯の表側にマルチブラケット装置を装着する治療方法です。使用するワイヤーは金属のものか、白いコーティングされたホワイトワイヤーを使用して目立たない治療をおこなうことも可能です。

舌側矯正(歯の裏側からの治療)

舌側矯正(歯の裏側からの治療)​歯の裏側(舌側)に矯正装置を装着する治療方法です。
大きな口を開けない限り、装置が見えることはないので、周囲に気付かれずに治療ができます。費用が高額なことや装置が舌に擦れることなどがデメリットです。