叢生・八重歯

スペースの不足によって、歯と歯が重なり合ってデコボコになっている状態を「叢生(そうせい)」といいます。「乱ぐい歯」や「八重歯」とも呼ばれ、歯が重なり合っていることで、歯磨きが難しく、虫歯や歯周病に繋がりやすい歯並びです。

治療例1 *結果には個人差があります。

治療前

叢生・八重歯 治療例1(治療前正面)
叢生・八重歯 治療例1(治療前側方)
歯が重なって八重歯になっています
叢生・八重歯 治療例1(治療前上顎咬合面)
前歯が不揃いで、でこぼこしています
叢生・八重歯 治療例1(治療前下顎咬合面)

治療後

叢生・八重歯 治療例1(治療後正面)
叢生・八重歯 治療例1(治療後側方)
噛み合わせも改善しました
叢生・八重歯 治療例1(治療後上顎咬合面)
前歯の不揃いがきれいになりました
叢生・八重歯 治療例1(治療後下顎咬合面)

症例情報

  • 主訴:歯並びがでこぼこしている
  • 診断名:上下顎叢生
  • 年齢:30歳
  • 使用装置:マウスピース型矯正装置(インビザライン)部分的に一時的にマルチブラケット装置
  • 抜歯部位:上下両側犬歯、下顎両側第二小臼歯
  • 治療期間:2年4ヶ月
  • 費用:¥976,800(税込)
  • リスク副作用:歯肉退縮や矯正装置の使用が不足していると、治療後の後戻りのリスクがあります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

治療例2(部分矯正) *結果には個人差があります。

治療前

歯が重なって八重歯になっています
前歯が不揃い
叢生・八重歯の治療例2(治療前下顎咬合面)

治療前

叢生・八重歯の治療例2(治療後正面)
前歯の噛み合わせ改善
叢生・八重歯の治療例2(治療後上顎咬合面)
前歯の不揃いがきれいになりました
叢生・八重歯の治療例2(治療後下顎咬合面)

症例情報

  • 主訴:上の前歯のでこぼこ
  • 診断名:正中不一致 上顎右側側切歯舌側転位を伴う上下顎叢生
  • 年齢:17歳
  • 使用装置:上顎部分的マルチブラケット装置、マウスピース型矯正装置(アソアライナー)
  • 抜歯部位:非抜歯
  • 治療期間:1年1ヶ月
  • 費用:¥439,200(税込)
  • リスク副作用:上顎のみの部分矯正のため、奥歯の噛み合わせの治療は難しくなります。ワイヤー矯正は歯ブラシをしっかりしないと虫歯になるリスクがあります。上顎右側側切歯の舌側転位改善時の噛み合わせの違和感が生じやすいです。

治療例3(部分矯正) *結果には個人差があります。

治療前

叢生・八重歯の治療例3(治療前正面)
叢生・八重歯の治療例3(治療前側方)
前歯のねじれとガタガタ
叢生・八重歯の治療例3(治療前上顎咬合面)
叢生・八重歯の治療例3(治療前下顎咬合面)
前歯のガタガタ

治療後

叢生・八重歯の治療例3(治療後正面)
叢生・八重歯の治療例3(治療後側方)
前歯のガタガタ改善
叢生・八重歯の治療例3(治療後上顎咬合面)
叢生・八重歯の治療例3(治療後下顎咬合面)
下のガタガタも改善

症例情報

  • 主訴:上下の歯並びがでこぼこしている
  • 診断名:上下顎前歯部叢生
  • 年齢:19歳
  • 使用装置:マウスピース型矯正装置(アソアライナー)
  • 抜歯部位:非抜歯
  • 治療期間:10ヶ月
  • 費用:¥412,500(税込)
  • リスク副作用:部分矯正のため、噛み合わせを理想的にすることは難しいです。継続的なマウスピース型矯正装置の使用は歯の神経の炎症のリスクがあります。前歯のでこぼこが改善すると歯肉退縮のリスクがあります。

治療例4(部分矯正) *結果には個人差があります。

治療前

叢生・八重歯の治療例4(治療前正面)
叢生・八重歯の治療例4(治療前側方)
叢生・八重歯の治療例4(治療前上顎)
前歯のねじれ
叢生・八重歯の治療例4(治療前下顎)
前歯のガタガタ

治療後

叢生・八重歯の治療例4(治療後前方)
叢生・八重歯の治療例4(治療後側方)
叢生・八重歯の治療例4(治療後上顎)
前歯のねじれが改善
叢生・八重歯の治療例4(治療後下顎)
下のガタガタも改善

症例情報

  • 主訴:前歯のねじれ 上の歯がでている
  • 診断名:正中不一致 上下顎V字型歯列弓を伴う上下顎叢生
  • 年齢:24歳
  • 使用装置:上顎部分的マルチブラケット装置、マウスピース型矯正装置(インビザライン)
  • 抜歯部位:非抜歯
  • 治療期間:1年3ヶ月
  • 費用:¥578,100(税込)
  • リスク副作用:上下顎前歯のみの部分矯正の為、奥歯のかみ合わせの治療は難しいです。ワイヤー矯正は歯ブラシをしっかりしないと虫歯になるリスクがあります。前歯の捻転は後戻りしやすいため保定装置の長期使用が必要です。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

治療例5 *結果には個人差があります。

治療前

叢生・八重歯の治療例5(治療前正面)
歯が重なって八重歯になっています
叢生・八重歯の治療例5(治療前側方)
叢生・八重歯の治療例5(治療前咬合面上顎)
叢生・八重歯の治療例5(治療前咬合面下顎)
前歯のガタガタ

治療後

叢生・八重歯の治療例5(治療後前方)
前歯の噛み合わせ改善
叢生・八重歯の治療例5(治療後側方)
叢生・八重歯の治療例5(治療後咬合面上顎)
叢生・八重歯の治療例5(治療後咬合面下顎)
下のガタガタも改善

症例情報

  • 主訴:歯並びがでこぼこしている
  • 診断名:正中不一致 過蓋咬合を伴う上下顎叢生症
  • 年齢:16歳
  • 使用装置:マウスピース型矯正装置 (インビザライン)
  • 抜歯部位:非抜歯
  • 治療期間:1年7ヶ月
  • 費用:¥859,020(税込)
  • リスク副作用:マウスピース型矯正装置は、使用時間が不足すると期間の延長や理想的な歯並びにすることが難しくなります。断続的な使用は歯の神経の炎症のリスクがあります。前歯のでこぼこが改善すると歯肉退縮のリスクがあります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

治療例6 *結果には個人差があります。

治療前

叢生・八重歯の治療例6(治療前正面)
歯の重なりと八重歯
叢生・八重歯の治療例7(治療前側方)
叢生・八重歯の治療例6(治療前上顎咬合面)
叢生・八重歯の治療例6(治療前下顎咬合面)
下の歯のデコボコ

治療後

叢生・八重歯の治療例6(治療後正面)
前歯の歯並び改善
叢生・八重歯の治療例6(治療後側方)
叢生・八重歯の治療例6(治療後上顎咬合面)
叢生・八重歯の治療例6(治療後下顎咬合面)
下の歯並びも改善

症例情報

  • 主訴:八重歯を治したい
  • 診断名:正中不一致、上下顎前歯舌側傾斜を伴う上下顎叢生症 
  • 年齢:23歳
  • 使用装置:マウスピース型矯正装置(インビザライン)
  • 抜歯部位:非抜歯(親知らずは抜歯)
  • 治療期間:1年8ヶ月
  • 費用:¥855,900(税込)
  • リスク副作用:マウスピース型矯正装置は、使用時間が不足すると期間の延長や理想的な歯並びにすることが難しくなります。また、断続的な使用は歯の神経の炎症のリスクがあります。八重歯の部分は歯並びの改善後に歯肉退縮するリスクがあります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

治療例7 *結果には個人差があります。

治療前

叢生・八重歯の治療例7(治療前正面)
右上の犬歯の位置異常
叢生・八重歯の治療例7(治療前側方)
叢生・八重歯の治療例7(治療前上顎咬合面)
叢生・八重歯の治療例7(治療前下顎咬合面)
下の歯のデコボコ

治療後

叢生・八重歯の治療例7(治療後正面)
八重歯の改善
叢生・八重歯の治療例7(治療後下顎咬合面)
下の歯並びも改善

症例情報

  • 主訴:八重歯と奥歯の噛み合わせ
  • 診断名:左側第二大臼歯鋏状咬合を伴う上下顎叢生症
  • 年齢:14歳
  • 使用装置:マウスピース型矯正装置(インビザライン)
  • 抜歯部位:非抜歯
  • 治療期間:1年8ヶ月
  • 費用:¥836,580(税込)
  • リスク副作用:マウスピース型矯正装置は、使用時間が不足すると期間の延長や理想的な歯並びにすることが難しくなります。また、断続的な使用は歯の神経の炎症のリスクがあります。鋏状咬合改善時に顎関節症を生じるリスクがあります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。