舌側矯正

舌側矯正

歯の裏側の矯正装置

舌側矯正の一番の大きなメリットは、矯正装置が目立たないことと、適応出来る症例が多いことです。

矯正装置が歯の内側についているので、大きな口を開けなければ装置は見えないのですが、装置が裏側についているため、歯磨きがやりにくいことと舌に矯正装置がぶつかり違和感や痛いというデメリットがあります。

特に下の奥歯は装置が舌にあたり、違和感や痛みを訴える方が多いです。まれに外してほしいと言われることがあります。

また、費用面においては表側の装置と比べておよそ2倍くらいになります。

当院では、舌側装置の中では違和感が少ない前歯のみの部分的な舌側矯正装置に対応しております。

前歯のみの舌側矯正装置の写真を入れる(部分的な矯正治療のページの一番下の写真)

前歯のみではなく、奥歯も動かす必要があるケースでは、目立たない矯正装置のマウスピース型矯正装置(インビザライン)での治療法もあります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)

ホワイトワイヤーまた、表側の装置でも装置が白いだけでなく、ワイヤーも白いホワイトワイヤーの扱いもあります。

ホワイトワイヤー

 


\初めての方には不安な「サポート」「費用」についてご説明/

矯正治療を受ける患者さんは目指すゴールがひとりひとり違います。
「歯並びや咬み合わせ、ちょっと気になるんだけど、装置が目立ってしまうのも嫌」「矯正治療をするという勇気が持てないな・・・」など色々な患者さんがいらっしゃいます。
長津田矯正歯科クリニックはそんなあなたの不安を解消して矯正治療への一歩を踏み出すお手伝いができる医院です。目立たない装置、部分的な矯正治療や、子どもから成人の方にも幅広く対応しており、患者さまの不安を解消できるような様々な治療を提供しております。詳しくはホームページをじっくりとご覧ください。
患者さんの目指したいゴールを一緒に考え、しっかりとゴールまで導くことに力を注ぎます。

長津田矯正歯科クリニック

Access Map