治療前後の3Dシミュレーション

口腔内スキャナー(iTero エレメント)はマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)の治療計画を立て、装置を作るための機器です。

長津田矯正歯科クリニックでは2017年秋発売の機器を導入し、治療シミュレーションをご確認いただく際にも役立てております。

歯並びをすぐに画像化

口腔内スキャナーで装置を作成

早いと数分でお口の中全体をスキャンして、リアルタイムで画像化、治療シミュレーションをご確認いただけます。

その場ですぐに歯並びやかみ合わせが再現されるため、患者様からは好評です。

歯型とりが不要

マウスピース型矯正装置を作製するために必要だった歯型とり。苦手な方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

口腔内スキャナーを使用した場合、機械をお口の中にかざすだけで、歯型とりと同じ役割を果たすため、歯型とりが不要となりました。

お口の中を正確に再現

お口の中を正確に再現

従来であれば、シリコン製の材料で歯型とりをおこなっておりました。シリコンの歯型とりは、通常の歯型とりに比べて精密な歯型をとることが可能ですが、微細な歪みや変形が起こってしまうことがありました。

精密なマウスピースに

デジタルスキャナーの場合、歯型とりのような歪みや変形の心配はありません。正確に再現したお口の中の状況をもとに、マウスピースを作製することができ、より精密な矯正装置で治療をおこなうことが可能です。

治療シミュレーションを共有

お口の診察についてのご説明

3Dシミュレーション画像は、患者さまに現在の歯列と矯正治療後のイメージ画像を表示できます。歯並びがどうなるか視覚的に確認できるので、治療が長くてもゴールまでのモチベーションを保つことができます。

シミュレーション画像を確認したうえで、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を作製します。

3Dシミュレーションの紹介(Invisalign Gallery)

3Dソフトウェアを通じて、治療開始から完了までの歯の移動をコンピューター画面上で動画として確認できます。

Invisalign Galleryで公開されている3Dシミュレーションの紹介

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

記事監修者:長津田矯正歯科 山本 知寿

平成6年東京歯科大学卒業。

矯正専門歯科医院、大学病院矯正科を経て平成17年長津田矯正歯科クリニック開院。