部分的な矯正治療

部分矯正とは

全部の歯を動かすのではなく、部分的に歯を動かす矯正治療のことです。主に前歯のみを動かすことが多いです。 部分矯正は、通常歯がすべて大人の歯に生えかわっている歯並びで行います。

※お子さまの歯を部分的に動かすことももちろんあります。お子さまの部分矯正は、通常部分矯正とは言わず、子どもの矯正と言います。

治療例(前歯の矯正)

治療前

部分矯正とは(治療前)

治療後

症例情報

  • 主訴:前歯の歯並びが凸凹している
  • 診断名:上下顎叢生
  • 年齢:25歳
  • 使用装置:上下顎部分的マルチブラケット装置
  • 抜歯部位:非抜歯
  • 治療期間:1年2ヶ月
  • 費用:¥568,700(税込)
  • リスク副作用:部分矯正のため、奥歯の噛み合わせの治療は難しいです。前歯のでこぼこが改善すると歯肉退縮のリスクがあります。

メリット・デメリット

メリット

全体矯正に比べると費用と治療期間を抑えた治療をおこなうことができます。また、取り外しのできる装置で治療できることが多いため、見た目が目立たないこともメリットです。

デメリット

全体矯正に比べると全部の歯を動かすわけではないので、噛み合わせの治療が困難です。 症例によっては全体矯正が向くこともありますので、ケースに合わせた治療方法をご提案いたします。

部分矯正はこんな方にぴったり

部分矯正はこんな方にぴったり

目立ってしまう前歯の部分矯正を希望される患者様が多くおられます。前歯のガタガタや歯の重なり、すきっ歯などをお悩みの方は部分矯正が適用できる可能性がありますので、一度ご相談ください。

部分矯正でよく使用する装置

マウスピース型矯正歯科装置(アソアライナー)

透明のマウスピースを使用した部分矯正で、取り外しができる装置です。主に前歯の歯並びを改善したり、再治療のケースで使用します。

マウスピース型矯正歯科装置(アソアライナー)

マウスピース型矯正歯科装置(インビザラインライト)

透明で取り外しが可能なマウスピース型矯正装置です。部分的な歯並びの改善や軽度のケースで使用します。

マウスピース型矯正装置(インビザラインライト)

*マウスピース型矯正歯科装置(インビザラインライト)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。(※未承認医薬品の注意について)

マルチブラケット装置(部分的に使用)

気になる箇所や、問題がある一部分にマルチブラケット装置を装着します。使用箇所の制限がなく、奥歯などのコントロールも可能で、さまざまな部分矯正に対応することができます。

マルチブラケット装置(部分的に使用します)

舌側矯正装置(部分的に使用)

軽度の不揃いの歯並びの場合は 裏側からの部分矯正も対応しております。舌側矯正とは、歯の裏側に装置を付けて「人に気付かれることなく」おこなえる矯正治療です。装置の大きさが従来に比較して小さくなり違和感が改善しております。

舌側装置(部分的に使用します)

部分矯正の期間

ケースや使用装置によって異なりますが、数か月〜1年程の治療期間となります。(当院において)

部分矯正の費用

12万〜56万くらいの方が当院では多いです(相談・検査料・処置料は別)

部分矯正でよくある質問

一本のみ気になるので、その歯だけ装置をつけられますか?動かしたい歯が1本または数本だったとしても、通常は複数の歯に装置をつけることになります。 理由は2つあります。 1つ目は、1本の歯を動かすためであっても隣の歯など数本の歯を動かし隙間を作ったりする必要があるので、動かしたい他の歯にも協力していただくため。 2つ目は、動かす力系に関する理由です。動かしたい歯のみに装置をつけても動かしたい方向に動かしていくことが困難です。動かしたい目的の歯をひっぱる役割の他の歯に装置が必要になります。 マウスピース型矯正装置では、主に前歯を動かす目的ですが、透明で取り外せるマウスピースを歯全体にかぶせて、動かします。

記事監修者:長津田矯正歯科 山本 知寿

平成6年東京歯科大学卒業。

矯正専門歯科医院、大学病院矯正科を経て平成17年長津田矯正歯科クリニック開院。