当院にも「歯を抜かないで矯正できませんか?」とご相談にくる患者様はたくさんいらっしゃいます。

誰でも健康な歯はなるべく残しておきたいですし、そもそも歯を抜くってやっぱり痛そうですよね。私も歯を抜かないで矯正できるのなら抜きたくないです。

ただ、矯正治療を行う上で、患者様のご希望を叶えるためにはどうしても抜かなければならない場合があります。

私は高校生の時に本当は歯を抜きたくなかったのですが、当時の矯正の担当医より抜歯する説明を受け「なるほど!それならしょうがない!」と、上下両方の前から4番目の歯を抜歯して矯正をしました。

今回は矯正で、どのような歯並びの時に抜歯が必要なのか、なぜ抜歯が必要なのかについてご説明しようと思います。

抜歯が必要な歯並びとは

代表的な抜歯が必要な歯並びとして2つあります。

  • 凸凹の歯並び(乱杭歯)
  • 前歯が前に出て並んでいる歯並び(出っ歯)

です。

では、なぜ凸凹の歯並びや前歯が前に出て並んでいる歯並びになっているのでしょうか?

理由は様々あるとは思いますが、主な理由として挙げられるには、

  1. 歯が並ぶアゴに対して、並んでいる歯の大きさの合計が大きい
  2. もしくは並んでいる歯の大きさの合計に比べてアゴの大きさが小さい事

が挙げられます。

なぜ抜歯が必要なのか

それらの歯並びの状態や抜歯の理由をわかりやすく説明する為に、イス取りゲームに例えて説明します。

イスを歯が並ぶアゴ、並んでいる歯を人に例えます。イス取りゲームはイスの数に比べて人の数が多く、座れずにあぶれた人が負けてしまいます。

そのあぶれた人が所々であぶれた状態が凸凹の歯並び前歯に相当する1か所であぶれた状態が出っ歯です。

矯正治療では、この人々を仲良く全員を座らせてあげる事になります。

仲良く座らせるには・・・

では、全員を仲良く座らせる為にはどうすればいいでしょう?

方法は大きく分けて二つあります。イスを増やす方法と元々の参加人数を減らす方法です。

それをお口の中に置き換えるとどうなるでしょうか?イスはアゴなのでアゴを大きくする方法、そして人は歯なので歯を抜く方法になります。

子供の矯正では成長期にアゴを拡げて大人の歯が並ぶスペースを多少増やす事はありますが、成人は基本的には成長が終わっておりアゴを大きくする事はできないので、歯を抜いて矯正する事が必要になります。

これが抜歯が必要な理由です。

→→→

 

歯を抜いて矯正をする理由をおわかりいただけたでしょうか。ただ実際には凸凹の量や前歯が出ている量によっては歯を抜かないで治療でいる場合がいくつかあります。

「自分の歯が歯を抜かないで治療できるのかな?」なんて疑問に思った時は、まず、矯正専門の先生にご相談してみてください。