第4回

Dr. ヤマモト間違いのない矯正歯科医院選び

第4回 矯正治療の料金について

矯正治療は自費治療のため料金が高くなります。平均すると約60万円~100万円くらいが相場ではないでしょうか。

それでは、これはいったい何の料金なのか?

おそらく皆様の想像は矯正装置の費用とお考えかと思います。たしかに矯正の機材は輸入品が多く高いです。加えて矯正装置をつくる技術は限られた技工士さんしかできないので割高となります。

また矯正治療の技術は前回までの講座で説明させてもらったように、歯科医師の誰もが出来る治療ではありません。とても限られた人間にしかできない治療です。一般的な歯科治療より技術料の割合は高くなると思います。

矯正治療が他の歯科治療と大きく異なる点の一つとして、しっかりとした知識を持って治療すれば、他のどの病気の治療よりも思わぬ出来事が回避されやすい治療だということが挙げられます。医療というのは人の体を扱いますので、どのような病気の治療でも予期せぬことが起こることが少なくありません。機械の修理とは訳が違います。

矯正治療の場合は、全くの予想通りというわけではありませんが、歯の動きがとてもゆっくりなので、もし予想外の動きがあったとしても、いくらでも取り返しがつき、最終的には患者様にご満足いただけるところには、ほぼ間違いなく到達することが出来ます。

しかし、その予想外の動きがあったのに、気付かずに治療していると、取り返しがつかない結果になります。どのような治療でもそうなのですが、失敗したものを再治療するのは、最初から治療するよりもかなり難しいのです。

矯正治療をマスターした歯科医師にかかれば、矯正治療で失敗することはないといっても過言ではないでしょうが、もし間違えればかなり面倒なことになります。

矯正治療の料金はその絶対の安心感を与えるような料金です。そして、矯正専門医の治療に対する自信と、安心に対する料金です。かと言って、高い料金を取っているところが、必ず信用のおける治療をしているかというと、一概にはそうとはいいきれません。しかし、自分の治療にものすごく自信を持っている歯科医師は、格安の矯正治療はしません。

20万円以下の矯正料金設定の医院もありますが、その場合なぜ安いのかは確認しておいた方が良いでしょう。

もし、格安の矯正治療でしっかりと歯並びが治らなかった場合、もう一度治療をやり直す必要があります。治らない場合、最初よりも歯並びがひどくなっていると思われますので、他院に転院した場合、料金が最初からのものになります。ですので、最初矯正料金が格安であるからと始めた場合、逆に高額になることがあります。

前回の講座でもそうだったのですが、矯正治療で皆様が嫌だと思っているところは、避けて通れないのです。極端に安価な矯正治療は気をつけましょう。

 

お問合せはこちら 電話045-986-0363