歯列矯正なら|横浜市緑区,青葉区,町田市|長津田駅前にある長津田矯正歯科クリニック。矯正治療、マウスピース矯正、子どもの矯正。目立たない矯正も可能。
invisa-column-image

インビザライン・コラム

インビザライン・コラム

2017.9.12

⑥インビザを始めました♪ その3

治療を開始してから、約9ヶ月経ちました。

最近では、装置をつけていないと何か足りない気がするまで装置をつけることが習慣になってきました。

自分の目で鏡を見ても歯並びが変わった実感があるのですが、治療当初の歯の模型をみてみると、今の歯並びと大きく変わっているのを見ると歯並びが変わっている実感がよりわいてきます。

ですが、治療開始から今まで、歯を動かしている鈍い痛みはありましたが、23個目の装置にしてから、右上の前から3番目の歯だけ冷たいものがしみて痛いということがありました。
冷たいものや(寒い時期なので)冷たい風があたってもしみて、どうやら小鼻の右側の横(歯茎の部分)を皮膚の上から押しても痛い、という状況でした。

今までにないことだったので、どうしたものかと思っておりましたが、レントゲンを撮ってもらったところ、一番動かしている歯の周りに骨がまだできていないので今までにない痛みがあったのではないかとのこと。
痛みは時間の経過と共に治まりますとのお話でしたので、安心しました。

最初はしみるというのがなかなか治らなかったのですが、23個目の装置を使い続けていくうちに徐々に一週間くらいで痛みはなくなってきました。

今現在は26個目の装置を使っていますが、特にあまり痛みもなく過ごしています。

私の装置は全部で30個あるので、終盤にさしかかっています。

終盤の大事な時期なので、装置をしっかり使っていくことが大事なんだなと今回の件で実感しました。
また、アライナーチューイもしっかりと使っていかないと、装置がしっかりとはまらないので、アライナーチューイもしっかりと使っていこうと思いました。

 

2017.7.11

⑥インビザを始めました♪ その2

こんにちは。スタッフの花田です。インビザラインの治療を始めて、約3か月が経ちました!

装置の取り外しも、初めのうちはなかなか外れなかったりして大変でしたが、 それも慣れてきて、今では苦労せずに使えています。

アライナーの個数は上顎が9個目、下顎が4個目になりました。 ようやく3分の1までやってきたところですが、 既に歯が動いています。特に下の歯は、 前歯2本が少し内側に向いているくらいで、 他は気にならない程になってきました。

装置を付ける時につくった歯と歯の間の隙間も、初めのうちは歯の間にものが詰まりやすかったのですが、歯が動いてきたおかげでだんだんものが詰まりにくくなってきました。

当初は歯の間にものが詰まるので、外出先でもご飯を食べる度にフロスをしたりしてなかなかストレスでした。でも最近はあまり気にならなくなり、歯が動いたことが実感できてとても嬉しいです。

7月上旬から、 上下のアライナーをつけて顎間ゴムを使い始めました。

顎間ゴムを使うと以前より更に歯が動くようになったのか、 歯が痛い感じを久々に味わいました。なので、 慣れるまではご飯を食べる時に痛かったのですが、 毎日使って慣れてくると5日程で痛みは少なくなってきました。

ただ、想像していたより歯が痛いので、 顎間ゴムを使う患者様の気持ちがよく分かりました。また、この顎間ゴムをしていると、アライナーをつけてからゴムをかけるという手間があります。 顎間ゴムを使い始めた当初は、 ゴムをかけるのに3分程かかっていました…。なので、何か食べる度に装置を外すことが面倒になり、 アライナーをつけている時間が長くなりました。

顎間ゴムを使うとアライナーを使う時間が増えて、 その分歯も早く動き、結果的に良いことだらけでした。

引き続き使っていき、歯が早く並ぶように頑張りたいと思います。

 

2017.6.2

⑤インビザラインの治療について

こんにちは、歯科医師の高久です。インビザラインの治療についてお話ししたいと思います。

日々インビザラインの治療をして思うことは、アライナー(使用している方はゴム)の使用時間がとても大切だということです。アライナーとゴムの使用時間は1日22時間以上を推奨していますが、これを実践されている方は本当によく歯が動きます。
 
インビザラインが素晴らしい矯正治療であるのは、あくまで患者さんの協力の上に成り立っているということを実感します。
 
食べたら歯みがきをしてアライナー(とゴム)を付けるという一連の動作を習慣化できればいいのですが、「食事後に歯みがきができずアライナーがつけられない…」「毎日飲み会があって装着できない…」などなど実際に生活してみると様々な困難な状況があると思います
 
もし十分な使用時間を確保できなかった場合は、次の日に使用時間を多めにしてみてください。正しい使用方法を守ってがんばりましょう。特に、新しいアライナーに交換した3日ほどは必ず22時間使用してください。
 
みなさんのインビザラインの治療のお力になれれば幸いです。

 

2017.4.5

④インビザラインの導入セミナーに参加させていただきました

こんにちは。勤務医の鈴木です。
先日、インビザラインの導入セミナーに参加させていただきました。

このセミナーに参加されていた先生方の年齢層は広く、共通していたのはみなさん矯正を専門に治療を行っている方ばかりでした。

みなさん当院のHPをご覧になっていてご承知とは思いますが、すでに当院でもインビザラインを取り扱っていますし、私自身も何症例も実際に治療していますので初心者とも言えない状態でしたが・・・復習、再確認ということで勉強してきました。

今回の講師は、米国 アライン テクノロジー社 認定のインビザラインドクターで三重県松坂市ご開業の土岐泰弘先生。基本的な治療の流れや症例解説、こういう場合はこうするといいよ、などとちょっとしたコツも交えてお話しして下さいました。お話も上手だったのでとても勉強になりました。また、アライナー(マウスピース)がアメリカのどんな施設で作られているのかというシステムの説明が、インビザラインを提供する米国アライン・テクノロジー社の社員の方々からありました。それらの話から、インビザラインは世界中の多くの症例をもとに日々確実に進化を遂げており、的確な診断と患者さんの協力があれば治療の幅を拡げられる、と今回のセミナーを通して改めて実感する事ができました。

これからもインビザラインが、自分の歯並びに悩んでいたり矯正治療する事を迷っている人たち、従来のワイヤーを用いた歯列矯正治療に取って代わる一つの選択肢になればよいと思い、日々精進、また色々な情報を発信していけたらと思いました。

 

2017.3.2

③装置の取り外しについて

st-sakumaこんにちは! 勤務医の佐久間です。今回はインビザラインの装置の取り外しについてお話させていただきます。
治療を始めてまず苦労する事の一つが、装置の取り外しのようです。特に女性で爪の長い方は苦労されているように思います。力もある程度必要で、慣れるまでは大変そうな印象を受けます。

マウスピース矯正は、犬歯や小臼歯などの咬む面から見ると丸い形状をした歯の捻じれを、歯を回して治す事(捻転の改善)はあまり得意ではないと言われています。そこで、アタッチメントと言われる出っ張りを歯に付ける事で引っ掛かりを作り歯を回していくのですが、アタッチメントがある事で装置の取り外しが難しくなってきます。

大抵の方は慣れてくれば自分が一番外しやすい方法が身について、2~3秒で外せるようになりますが、慣れるまでの数日間は苦戦しているようです。外せないと食事はできないですし歯も磨けないし焦っちゃいますよね。

現在、当院では初セット時に必ず取り外しの練習を一緒に行っています。また、取り外しに慣れる頃(1ヵ月後位)にアタッチメントを付けるようにしています。どうしても取り外しができない方には、スプーンや割りばしの先を装置の端に引っ掛けて取ると簡単に外せるのでお勧めしています。ちなみにスプーンは、ハーゲンダッツのスプーンが長さや強度などが一番良いようです。割りばしも半分程の長さに切ると使いやすいです。ただ、滑ると危ないので使う時はくれぐれも気を付けて使ってくださいね。

 

2017.1.31

②インビザラインセット

ついにマウスピースをセットする日がやってまいりました。

まずは、装置をセットする前に歯を動かしやすくする為に歯と歯の間に隙間を作ります

隙間と言っても見た目は分からない程のごくわずかな隙間です。

個人個人でどれくらい隙間を作るかは違うようですが、私の場合はいつも歯磨きの後にしていたフロスがすんなり入るくらいでした。

隙間を作ってもらっている間は、やすりの様な物で歯を削るので、凄い音がします。
が、凄いのは音だけで先程書いたように、実際はそんなに歯は削られてはいませんのでご安心下さい。

ただ、食べる時はものが挟まりやすくなるので、歯磨きとフロスは大事です。さらに、装置をセットする前にもう一つすることがあります。
それは、歯にアタッチメントという半透明の突起をつけることです。これをつけることによって歯の動きがよくなるそうです。

そして、ついにマウスピースを装着です!

つけた感想は、最初のうちはそこまで痛みは感じませんでしたが、30分程たつとやはり痛いです…。ですが、激痛ではなく、歯が押されているような感覚です。
それと、私は上下装置をつけているのですが、上下の装置をつけると慣れるまでは喋り辛いです。特に「さ行」が言いづらいのが苦労しています。

さて、装置は食事の時は外すわけですが、(それ以外の時間はつけています!)これがまた慣れるまでは苦労します。
特にアタッチメントがついていると、なかなか取り外せない!ので、最初は爪が痛いくらいです。ただ、3日程たつと、痛みもなくなってきて装置の取り外しも慣れてきます。

まだ一つ目の装置なので、これからまだまだ歯は動いていきますが…、綺麗な歯並びを目指して頑張っていきたいと思います!

 

2016.12.22

①インビザを始めました♪ その1

こんにちは。スタッフの花田です。
今月から自分もマウスピース矯正を始めることになりました。

こちらのクリニックで働くまでは子供の頃から今に至るまで、矯正には全く関係のない生活をしておりました。

今まで自分の歯並びをあまり気にしたことがなかったのですが、こちらで働くようになってから自分の歯並びも気になるようになりました。

更に歯ぎしり防止用のマウスピースを作った時、歯並びが自分の想像以上にねじれている事に驚きました。
歯並びがきれいになれば、今まで磨きにくかった歯も磨きやすくなるのかも…
虫歯になりにくいのかも…
きれいな歯並びで思いっきり笑えるようになるかも…
などなど、素敵なイメージがふくらみました。

歯並びがきれになってとても喜んでいる患者様を見ると、とてもマウスピース矯正が身近に感じられるようになったのも今回、インビザラインを始めようと思ったきっかけです。

通常のマウスピースとインビザラインのおおまかな流れの違いは、通常のマウスピースはその都度型を取って装置を作り、装着し…という事を繰り返すのですが、インビザラインは一度型を取った後はいっきに装置を作るという違いがあるようです。

今回はインビザラインの歯型を取っていただきました。

通常の型取りもしたことがあるのですが、通常の印象材(型を取る時の粘土の様なものです)は水の量によって柔らかかったりすると、特に上の歯の歯型を取る時は印象材が喉の方まで流れてくるので、気持ち悪いことがあったりとちょっと大変です。

一方、インビザの印象材は材料自体が固めなので、その心配はなく気持ち悪さはあまりなかったです。

ですが、印象材の硬化時間が通常のものより、トータルで片顎7分程度と長いので、少々待ち時間が疲れてしまうかもしれません。ただ、印象を取るのが1度で良いという点はとても楽だと思います。

そして、取れた印象はと言いますと…とても、精密な歯型が取れます。通常の印象よりははっきりと歯型をとっていただいた感じがします。

この歯型を海外の工場へ送り、マウスピースを作っていただくとのこと。

しかし、私の歯並びは特に上の歯の糸切り歯の向きがどうやらインビザラインで治せるかどうか…というところらしく、インビザラインの限界に挑戦!といったところのようですが、これからどのような歯並びになっていくのか、とても楽しみです!

電話お問合せお電話はこちらへ TEL 045-986-0363 横浜市 緑区 長津田 4-2-18 1F

サブメニュー

お知らせ

インフォメーション

  • 長津田矯正歯科クリニック
    横浜市緑区長津田4-2-18 1F  駐車場あり 詳しくはこちらへ
  • TEL045-986-0363
    JR横浜線・東急田園都市線・こどもの国線『長津田』駅下車北口より徒歩1分

診療時間

最新マウスピース矯正・インビザライン
長津田マウスピース矯正
子どもの矯正
院長日記
歯科医募集

PAGETOP